調剤薬局事務 テキスト

調剤薬局事務は医療系の資格の中でも比較的難易度が低いとされています。

 

難易度が低く取得しやすくても就職には有利で産後や育児中でも働きやすい環境なのでとくに女性に人気の高い資格です。

 

調剤薬局事務の難易度が低いとされている理由のひとつとして、

 

試験にテキストや参考書の持ち込みが可能、という点が挙げられます。

 

テスト中にテキストを見ていいの!?

 

ちょっと驚きですよね。

 

その理由は、調剤薬局事務の仕事内容にあります。

 

 

調剤薬局事務の仕事は、受付や会計の他に「レセプト作成(調剤報酬明細書)」というものがあります。

 

この仕事自体が資料を見ながら書類を作成するものなので、調剤薬局事務には”資料から正確に素早く必要な情報を見つける”スキルが重要となります。

 

そのため、テキストや参考書を見ながらでもちゃんと書類を作成できれば合格となるのです。

 

調剤薬局事務の仕事の中で最も重要で専門知識の必要とされる仕事がこの「レセプト作成」なので、このレセプト作成の実技試験は必ず実施されます。