調剤薬局事務 難易度

資格試験を受ける際に気になるのが難易度や合格率。

 

調剤薬局事務の難易度・合格率はどうでしょうか。

 

実は調剤薬局事務は、就職に有利な資格でありながら、難易度が低いことも人気のひとつ。

 

調剤薬局事務が難易度が低いとされる理由にはとくに次の3つが挙げられます。

 

 

試験範囲が狭い

医療事務の試験範囲が「薬剤」「入浴」「処理」「手術」と幅広いのに対し、調剤薬局事務は「薬剤」のみと範囲が限定されているので
比較的学びやすく、また短期間での資格取得も可能です。

 

テキストを見ながら受験できる

調剤薬局事務の仕事の中でとくに専門知識を必要とするのがレセプトの作成。その仕事自体が、資料を見ながら行うものなので、
試験でもテキストを見ながら迅速に正確に作成することが課題となります。そのため、試験はテキスト持ち込みOK。丸暗記の必要がありません。

 

試験開催頻度が多い

調剤薬局事務の試験によっても違いますが、技能認定振興協会が主催する調剤事務管理士に関しては、試験は1年に6回行われます。
チャンスが多いので、あきらめずに合格するまで頑張れます。

 

 

ここ数年の合格率は50%前後と、2人に1人は合格する合格率です。

 

合格率だけ見るとそんなに難易度が低いようにも思えないかもしれませんが、人気の資格であるため受験者数も多く、中には独学の人もいます。

 

しっかりした勉強法で学んで受験すれば、受かるのはさほど難しくないのです。

 

また、試験によっては在宅受験も可能。

 

育児中の人や仕事をしながら資格取得を目指す人でも受験しやすい資格です。