調剤薬局事務 給料

調剤薬局事務を目指すときに、気になるのが給料や年収

 

もちろん勤務先や場所にもよりますが、調剤薬局事務の給料はいくらくらいなのでしょうか。

 

正社員、派遣社員、アルバイト(パート)別にみていきましょう。

 

 

正社員の場合

 

調剤薬局事務の正社員の月給の平均は20万円前後となっています。
年収で考えると、月収20万円に各種手当とボーナスが含まれて300万円弱といったところ。
数字だけでみると一般事務職とさほど変わりはなく、医療系の仕事としては若干少ないように感じるかもしれません。
しかし、「調剤薬局事務」という職がまだ新しく、長年勤務している人がまだ少ないため、勤務年数をのばしていけば
平均収入も上がってくると思われます。

 

 

派遣社員の場合

 

最近では派遣会社も調剤薬局事務を募集しているところが増え、薬局側でも正社員ではなく派遣社員を採用するケースが増えています。
派遣社員の場合は正社員と違い給料は時給での計算になります。
もちろんこれも地域や勤務先の規模によっては異なりますが、調剤薬局事務の派遣社員での平均給料は時給1,500〜1,800程となっています。
これも、医療系の派遣としては若干安いかもしれませんが、一般のオフィスワークの派遣社員の相場とほぼ同じ程度です。

 

 

アルバイト・パートの場合

 

調剤薬局事務の雇用形態で最も多いのがアルバイト・パートです。そのため、時間を決めて働きたい主婦などに人気が高くなっています。
アルバイト・パートの場合の時給は750〜1,000円が平均です。

 

 

このように、調剤薬局事務は「医療系の仕事」としてみれば決して高収入なわけではありません。

 

しかし、「時間の都合がつけやすい」、「家事や育児と両立しやすい」という面では非常に働きやすい環境なので、調剤薬局事務の職を希望する人は年々増えています。