調剤薬局事務 就職先

調剤薬局事務はどのような場所で需要があるのでしょうか。

 

調剤薬局

 

調剤薬局事務の勤務先で断トツに多いのはやはり調剤薬局です。

 

調剤薬局は、病院や診療所からは独立している薬局のこと。

 

患者さんが医療機関で診察を受けた後、処方箋が出されます。

 

この処方箋を受け付けて処方箋にそって薬を調剤し、提供するのが調剤薬局です。

 

昔は病院の中で薬が処方されることも少なくありませんでしたが、現在は厚生労働省の医薬分業の推進もあり、調剤薬局が増加しています。

 

 

ドラッグストア

 

調剤薬局事務は、調剤薬局の他のドラッグストアに勤務することもあります。

 

ドラッグストアとは、「医薬品と化粧品、そして、日曜家庭用品、文房具、フィルム、食品等の日用雑貨を取扱うお店」のこと。

 

マツモトキヨシやサンドラッグなどが有名ですね。

 

ドラッグストアは薬品も取り扱うので、営業中は必ず薬剤師を1名以上在籍させることが義務となっています。

 

最近では処方箋を出す病院や診療所が増えてきたので、ドラッグストア内でも店内に調剤できる設備をつくり、調剤併設として調剤を行う店も増えてきました。

 

それに伴い、ドラッグストアでも調剤薬局事務の需要が全国的に高まってきています。

 

 

病院

 

病院でも、病院内に薬局を設けているところもあります。

 

この場合も調剤薬局と同じく、医師から処方された処方箋をもっていき薬を処方してもらうかたちになります。

 

こういったケースは、国立病院や大学病院などの比較的大きな病院にみられます。

 

 

現在、診察行為の調剤行為を離して独立させる「医薬分業」が推進されており、処方箋を出す病院がほとんどになってきました。

 

それに伴い、薬剤師の需要はもちろん、その処方箋のデータ管理などで薬剤師をサポートする調剤薬局事務の働く場所はどんどん広がっています。