調剤事務管理士

 

調剤事務管理士は、調剤薬局事務として働くために必要なスキルを証明するための資格です。

 

近年、産後や育休後も働ける資格がほしい、という女性が増え、調剤事務管理士の資格取得を志す人が多くなっています。

 

 

調剤事務管理士の仕事

 

調剤事務管理士の勤務先は主に調剤薬局になります。

 

調剤薬局での受付や会計といった基本的な業務の他、薬剤師のサポートや保険請求分のレセプト作成など、専門的な知識が必要とされる仕事も任されます。

 

調剤事務管理士には、患者さんに対する気遣い、気配りの他、処方箋の内容をきちんと理解し適切に資料を作成する正確な知識が求められます。

 

 

調剤事務管理士が人気のワケ

 

高齢化で医療業界へのニーズが高まっている今、薬剤師をサポートし正確に調剤報酬を算出できる調剤事務管理士の求人も増えてきています。

 

とくに調剤事務管理士が人気が高い理由は、

 

 

勤務スタイルを選びやすい

 

安定性が高い

 

比較的資格が取りやすい

 

 

ということが挙げられます。

 

調剤事務管理士が勤務する先となる調剤薬局は、看護師と違い夜勤や非常勤も無いので短時間のパートでも勤務しやすく、産後や育児中でも仕事をしやすいのが特徴です。

 

また、安定性の高い医療業界にも関わらず資格試験の難易度は比較的低く短期間でも取得しやすいので、スクールや学校などに通わず通信講座などで取得する人も多くいます。