調剤薬局事務 おすすめ

調剤薬局事務は、今、医療事務に並ぶ人気の資格となっています。

 

医療事務よりも手軽で難易度も低いので短期間でも取得しやすく、とくに女性にはおすすめの資格です。

 

なぜ女性におすすめなのか、と理由は、やはり取得後の就職状況にあります。

 

 

調剤薬局事務が女性におすすめな理由

 

パートとして働きやすい

結婚、育児などで正社員としての再就職が男性よりも断然難しい女性にとって、パートで働ける職場は理想的です。
調剤薬局事務はの仕事場は主に薬局で、開店閉店の時間がハッキリしていて夜勤などもないので、時間制のパートで雇われる事が非常に多いのです。
パートは昼間だけの短時間でもOKなので育児や家事と両立がとりやすく、また、女性が多い職場なので子供の病気などでの急な欠勤も理解が得やすいのです。

 

 

全国どこでも働ける

先にも書いた通り、調剤薬局事務の主な職場は薬局やドラッグストアなどで、全国どこにでもある施設です。
例え家庭の事情で引越ししたとしても、新しい職場を見つけやすいのです。

 

 

年齢よりも経験重視

これは男性も女性も同じですが、仕事内容によっては若さがとにかく重視されがちです。看護師や保育士も体力を使う仕事なので、求人の応募条件に年齢制限がある場合が多いです。が、調剤薬局事務は若さよりも経験が重視されます。早めに職に就けば、10年後も20年後も働ける仕事です。

 

 

 

 

 

調剤薬局事務の資格取得方法

 

とにかく女性が働きやすいのが調剤薬局事務。

 

では、調剤薬局事務の資格はどのように取得するのでしょうか。

 

調剤薬局事務は、それにあたる調剤関係の資格の総称であり、「調剤薬局事務」という名前の資格は存在しません。

 

「調剤薬局事務」にあたる資格は、調剤事務管理士や調剤報酬請求事務専門士など代表的なもので6つあり、それらのいずれかの資格試験を受けて合格すれば、資格取得ということになります。

 

それらの資格は試験日程や主催団体はそれぞれ異なりますが、試験範囲は同じなので難易度や問題も大きく違いはありません。

 

 

また、調剤薬局事務の資格試験の中には在宅受験が可能なものもあります。

 

これは、定められた期間内に郵送で問題と回答をやりとりする方法で、自宅に居ながら試験を受けられ、もちろん合格すれば資格取得ができるので、小さな子供がいて家から長時間出られない人や仕事をしていて試験日に合わせて休みをとりにくい人などにはとても便利。

 

こういった点でも、女性にうれしい資格なのです。