調剤薬局事務 主婦

調剤薬局事務は医療事務と並んでとくに主婦に人気の高い資格になっています。

 

その理由は、資格の取得のしやすさと調剤薬局事務という職業の勤務状況にあります。

 

なぜ、調剤薬局事務資格を目指す主婦が多いのか。

 

そのポイントは次の3つにあります。

 

 

子供がいても取得しやすい

 

調剤薬局事務の資格は試験範囲が狭い上、試験はテキストをみながらなので丸暗記が不要。試験勉強に大きく時間を割かずに取得が可能なので、家事や育児に忙しい主婦でも取得しやすいのです。

 

さらに、条件によっては在宅受験も認められているので、長時間家を空けられない人も受験可能なのです。

 

 

 

パートでの雇用が多い

 

調剤薬局事務の資格を取得していざ就職する際、パートとして働きやすいというのも、調剤薬局事務の資格が主婦に人気の理由のひとつです。
調剤薬局事務は医療系の資格で安定している上、看護師のように夜勤や非常勤などがないので昼間のみや1日3〜4時間程度、といった働き方も可能です。

 

 

 

全国どこでも仕事ができる

 

調剤薬局事務の仕事場は主に調剤薬局やドラッグストアになります。これらの施設は全国どこへ行っても必ずあるので、夫の仕事の関係などで転勤になった場合でも、新しい土地で仕事を見つけやすいのです。

 

 

 

 

 

事務や販売員と違い、調剤薬局事務は若さよりも実務経験を求められる職業です。

 

逆にいえば、なるべく早めに資格を取得して職に就き、そこで実務経験をどんどん積んでいけば、十年後や二十年後でも十分現場で必要とされる存在になることができます。

 

また、女性が多い職場なので子供の病気などの理解も得やすく、福利厚生も充実しているケースが多い、主婦にとっては本当に魅力的な職業です。