調剤薬局事務 通信

調剤薬局事務に限らず、最近では資格取得に通信講座を選択する人が増えています。

 

通信講座は、その講座に申し込むとテキストや課題が郵送で送られてきて、そのテキストに沿って課題をこなし、添削を受ける、といったかたちの勉強のやり方です。

 

 

通信講座のメリット

 

基本的にはその講座のテキストさえマスターすれば資格試験に合格できるように作成されているので、重要な部分を効率的に学ぶことができます。
プロの講師に添削してもらえるので間違った部分などの解説もわかりやすく、独学で学ぶよりも確実に実力がつきます。

 

そのわりに費用はそこまで高額ではなく、例えばユーキャンの調剤薬局事務の通信講座の費用はテキスト代など込みで39,000円と、通学講座や学校、スクールよりも断然安く受けることが出来ます。

 

また、通信講座の場合、通学講座や学校と違い授業を受けるわけではないので自分の都合のよい時間に自分の進めたいだけ進めることができます。小さな子供がいて学校に通うのが難しい方や、昼間は仕事をしていて授業を受けられない方などは通信講座が大変便利です。

 

 

通信講座のデメリット

 

通信講座は通学講座やスクールなどに比べて確実に費用が抑えられますが、独学の費用と比較すればやはり多少費用はかかります。

 

また、自宅での勉強なので自分でしっかり学ぶ!という強い意志が無いと途中で挫折する可能性も。

 

独学や通信講座など、通学以外で学ぶ場合はしっかりと目標を決めて自分でスケジュール管理することが必要不可欠です。