調剤薬局事務 学校

調剤薬局事務の資格取得の方法として、学校やスクールに通う、という選択肢もあります。

 

通学講座もこの学校やスクールのひとつと考えられますが、ここでいう学校やスクールとは、専門学校や大学での専攻のことを指すとします。

 

 

学校・スクールのメリット

 

学校やスクールのメリットは、通学講座のメリットと同じでやはりプロの講師に教えてもらえるという点でしょう。
講師は試験範囲の専門的知識はもちろんのこと、毎年の出題の傾向や出題ポイントを熟知しているので、本当に必要な知識だけを効率的に学ぶことが出来ます。疑問点もその場で質問できるのでストレスなく勉強を続けられます。

 

また、専門学校や大学での専攻の場合は同じクラスで学ぶ仲間も同年代のことが多いので同じ目標を持った仲間と出逢え、モチベーションをあげることができます。

 

 

 

学校・スクールのデメリット

 

学校・スクールのデメリットは通学講座と同じく費用がかかることです。
とくに専門学校や大学の場合は通学講座よりも費用が高く、また、授業料とは別に入学金などがかかるのである程度のまとまった費用を考えておかなくてはなりません。

 

また、日中の授業を規定通り受けなければならないので、子供を育てながらや仕事をしながらの資格取得を考えている方には時間の都合をつけるのが非常に難しいのも問題です。

 

 

 

 

いずれにせよ、学校に入学する、というのはお金も時間もかかり一生を左右する問題なので、学校説明会やオープンキャンパスに足を運び、じっくい検討してからの入学をおすすめします。