調剤薬局事務 医療事務

調剤薬局事務と医療事務は、特に女性に人気の2大資格。

 

では、具体的にどう違うのでしょうか。

 

 

仕事内容の違い

 

調剤薬局事務も医療事務も、一番メインの仕事は「レセプトの作成」になります。

 

患者さんのほとんどは保険組合に加入しているので、患者さんの負担する額は一部です。残りの金額は保険組合に請求するわけですが、この保険組合に請求するための書類がレセプト(調剤報酬明細書)です。

 

ただし、医療事務の場合は病院内で発生した代金に対するレセプトなので、診療代やレントゲン代、手術代などの診察行為に対するレセプトを作成するのに対し、調剤薬局事務の場合は調剤のレセプトを作成します。

 

病院の規模にもよりますが、医療事務は外来患者のほか入院中の患者さんの診療代など膨大な量の事務処理があります。それに対し調剤薬局事務は外来の患者さんのみなので、作業量だけでみれば調剤薬局事務の方が作業量が少ないといえるかもしれません。
しかし、調剤薬局では、レセプト作成のほか受付や会計などの接客も調剤薬局事務員がこなしているところが多いので、患者さんへの気配りや適切な接客も必要になってきます。

 

 

勤務先の違い

 

医療事務は主に病院内での勤務になりますが、調剤薬局事務の場合は薬局での勤務になります。
どのような職場で働きたいかによっても取得するべき資格が異なってきます。
ただ、病院も薬局も、全国場所を選ばず数多くある施設なので、例えば引越しなどをしても再就職がしやすいのです。

 

 

資格の取りやすさの違い

 

資格の難易度にも違いがあります。

 

医療事務も調剤薬局事務も、数ある資格の中では比較的とりやすいと言われています。
その中でも、医療事務の試験で扱う分野が「薬剤」「入浴」「処理」「手術」と幅広くあるのに対し、調剤薬局事務は「薬剤」のみと限定されており、
さらに試験はテキストを見ながらでOKと、ハードルが低くなっています。

 

また、試験は在宅受験も可能なので育児中の人や仕事をしながら資格を取りたい人には大変便利です。