調剤薬局事務 在宅

調剤薬局事務は、条件や試験の主催団体によっては在宅受験を行っているところもあります。

 

調剤薬局事務、というのは、それに分類される資格の総称で、それに分類される主催団体の異なる資格がいくつかあります。

 

その中でも一番メジャーな「調剤事務管理士(技能認定振興協会主催)」の場合は、ユーキャンなど指定の講座やスクールでの受講後であれば在宅受験が可能となっています。

 

 

在宅受験の流れ

 

在宅受験は、その名の通り、試験会場ではなく自宅で試験を受けるかたちになります。

 

在宅試験の流れ

 

@試験問題が郵送で自宅に届く

A自宅で問題を解く

B制限日数内に答えを書いた解答用紙を返送する

 

 

在宅受験のメリット

 

例に挙げている「調剤事務管理士(技能認定振興協会主催)」の場合、一般的には指定の試験開催日に指定されている会場で行います。

 

在宅受験には様々なメリットがあります。

 

時間制限がない

会場受験と違い時間制限がない(日数制限はあります)のでじっくりとあせらず取り組むことができます。

 

自宅なので緊張しない

自宅なので緊張することなくリラックスして受験に臨めます。

 

都合の良い時間に受けられる

規定の日数内に返送すればよいので時間が限られず、育児中や介護中、または仕事が忙しい方でも自分の都合の良い時間に合わせて試験を行うことができます。