調剤薬局事務とは

調剤薬局事務の資格を取得する際にチェックしておくことのひとつとして、

 

「調剤薬局事務の仕事内容はどんなものか」ということがあります。

 

調剤薬局事務は、薬だけでなくレントゲンや検査など医療全般を扱う医療事務と違い

 

薬のみの事務手続きを行う仕事です。とはいえ、患者さんの命に係わる仕事でもありますから

 

その役割は非常に重要で、やりがいのある仕事でもあります。

 

調剤薬局事務の基本的な仕事内容を紹介します。

 

受付

 

調剤薬局事務は調剤薬局での勤務が主になります。
調剤薬局に処方箋をもってきた患者さんから処方箋を受け取り、薬剤師に伝え、ときには薬剤師のサポートとして調剤を手伝うこともあります。
受付は調剤薬局の顔でもあります。患者さんに気持ち良く的確に接することも調剤薬局事務の大切な役目です。

 

 

 

処方箋のデータ管理

 

薬局によっては、処方箋の内容をコンピュータに入力し、患者さんごとにデータとして管理しているところも多くあります。そういったデータを「調剤録」ともいいます。
原則として、院内処方箋は2年間、調剤薬局の場合は3年間の保管が義務付けられています。このデータはほとんどがコンピュータで管理されているので、
調剤薬局事務には多少コンピュータ知識も必要になってきます。

 

 

 

薬歴簿の作成

 

薬局では膨大な数の薬が取り扱われており、同時に服用すると副作用が出てしまうものもあります。それを防ぐために、いつ、どういった内容の薬を誰に処方したかというデータは大変重要になってきます。そのデータを記録してあるのが「薬歴簿」です。

 

 

 

会計

 

処方箋の内容から薬の金額を出し、そこから患者さんの自己負担額として請求する金額を計算します。通常、患者は国民健康保険や社会保険といった保険組合に加入しているので、患者さんの負担額は薬総額のうちの一部。残りの金額は保険組合に請求します。

 

 

 

レセプト作成

 

患者さんのほとんどは保険組合に加入しているので、患者さんの負担する額は一部です。残りの金額は保険組合に請求するわけですが、この保険組合に請求するための書類がレセプト(調剤報酬明細書)です。このレセプトの内容に漏れやミスがあると、修正して再提出するなどの手間がかかってしまうので正確性が求められます。
調剤薬局事務の仕事の中でもとくに専門的知識が必要となってくる業務です。

 

 

 

勤務先の規模にもよりますが、膨大な数の薬のデータ管理や細かい計算など、迅速かつ正確さが求められる仕事が調剤薬局事務。

 

そのほか、患者さんへの細やかな気遣いや丁寧な接客も大切。事務とはいえ、一般的なオフィスワークでは得られない経験や知識がみにつく仕事です。